OL生活に見切りをつけ、南の島でのんびりしようとハワイへ語学留学するも挫折。ようやく手に入れたハワイアンライフを満喫中。

menu

ハワイへ移住 OL生活に見切りをつけた40女のハワイアンライフブログ

治療費300万円!子宮筋腫の入院、手術。ランチはレストランのような豪華メニュー

IMG703

ハワイでの生活で苦労することのひとつが病院。
とにかく医療費は高額です。
IMG701

昔、よそ見をしながら歩いていてつまづいて頭を打ってしまい、
救急車のお世話になったことがありました。

幸い打ち身だけで脳には異常なかったのですが、
いつ来るかわからない救急車の請求額にビクビクしてました。

周りからの情報は上限が決まっているだの、
最近無料になっただの、無責任なことばかり!

そしてしばらくしてついに届いた請求書の金額は$1000!! 

Distance 2miles(救急車が走った距離は2マイル)、
こんなことまで請求書に表示されていた。

その後、勤務先の保険を適用してもらうため何度もファックスやEmailを送って
ようやく情報が入り80%カバーしてくれたので自己負担 が$200に減額。

それでも$200。。。
日本と比べたら200倍。。。
言葉も出ない。。。

二度とよそ見をしながら歩きません!

それから3年後、子宮筋腫の治療を受けるために
カピオラニ病院で人生初の入院&手術を経験。

ここは女性と子供のための病院なので安心です。

事前に超音波などで内部の様子を診察してもらい、
悪性のものは何もなかったので筋腫だけを取ることになりました。

手術前は患者が何をするのかを理解しているか確認するため自分の名前、
生年月日、電話番号、何の手術をするのか、何時に始まるか、
担当ドクターの名前などを何度も何度も聞かれました。

いよいよ手術室に向かい手術台へ。

中で待機していたナースたちはとてもカラフルで、
可愛らしいマスクや帽子をかぶっていて、緊張感も少しほぐれました。

ドクターがゴーグルの奥からニコリとスマイルをくれたと思ったら麻酔をかけられ zzz…

遠くから誰かが呼ぶ声で目を覚ますとリカバリールームに運ばれてました。
ここでのナースはしきりに眠るなー、咳をしろーと声をかけてきます。

麻酔で眠った肺を、咳をすることで動かさないと呼吸ができないのだそうです。
そう指導されて咳をすると呼吸がラクになってきました。

しばらくして病室に移され、1時間ごとにバイタルチェック。
IMG697

翌日はからは食事をすることと、
歩行訓練が君の仕事だよと言われるもののヤル気なし。

このままどうなってしまうのだろうと、
麻酔が取れきらない状態で初日が過ぎました。

2日目、食べなさーい、歩きなさーいと促されるも、
なんだかんだと言い訳をしながら後回しにしてましたが、
言い訳もできなくなりお仕事にとりかかりました。

ベッドから降りるのも、歩き出すのも怖くて仕方ないけど、
あちこちにしがみつきながらベッドから両足を下ろし、
やっとのことで立ち上がること ができました。

廊下に出て、点滴がぶら下がっている器具にあるハンドルにつかまり、
5メートルほどを歩きました。
たったこれだけで達成感でいっぱい。

次は食事。オイルたっぷりの薄味のスープが出され、半分でギブアップ。
IMG696

3日目、ずいぶん元気も出てきて自分から歩こうかなっていう気分になりました。
朝食は、昨日のスープからかなりボリュームのある
マッシュポテトと厚切りハムが出てきてびっくり!
IMG698

ランチからはレストランのようにメニューが用意され好きなものを選べます。
ベトナムのフォーやパスタ、デザートまであってまたまたびっくり!
IMG702

IMG703

4日目、苦しくもちょっと楽しい入院生活も終わり退院。

1ヵ月後、届いた請求書に載っていた費用の総額は$30,000!!!
保険が90%カバーしてくれたので自腹で$3,000の支払い。
もう保険なしでは生きていかれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

2017年6月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このブログを書いてる人

OL生活に疲れ、南の島でのんびりしようとハワイへ語学留学するも挫折。

その後、紆余曲折しながらも何とかハワイにたどり着く。

ようやく手に入れたハワイアンライフを満喫中。