OL生活に見切りをつけ、南の島でのんびりしようとハワイへ語学留学するも挫折。ようやく手に入れたハワイアンライフを満喫中。

menu

ハワイへ移住 OL生活に見切りをつけた40女のハワイアンライフブログ

まるでミサイルが発射するようなスピードで走る車椅子の選手。ホノルルマラソン

38a80852e2a66fea_S

先週の日曜日はホノルルマラソンが開催されました。

今年は3万人を超す参加者があったそうで、
開催の数日前からコンベンションセンター付近は、
たくさんの人で行きかってました。

ホノルルマラソンは時間規制がないので、
最後のランナーがゴールテープを切るまで開催されます。

今年の最終ランナーは14時間かけてゴールテープを切った日本人の方でした。

マラソンの翌日はフィニッシャーTシャツを着た方によく出会います。
今年はシンプルな白地のTシャツ。

過去は黄色、オレンジ、赤など、
派手な色合いのものが多かったので、今年はちょっと地味な感じ。

毎年、マラソンが終わると来年やってみようかなーという気になりますが、
コースを想像しただけでやっぱり無理だなと思ってしまいます。

コースはアラモアナセンターの海側からスタートし、
ダウンタウンへ向かい、ダウンタウンを一周するように走りそこからハワイカイ方面へ。

ハワイカイからダイヤモンドヘッドのふもとを抜けてカピオラに公園でゴール。
最後に待ってるダイヤモンドヘッドのアップダウンが相当苦しいそうです。

一度だけスタートを見ようと早起きしてスタート地点まで行ったことがあります。
ホノルルマラソンは、42.195キロのフルマラソンのほかに、
10キロや車椅子のレースも同時に開催されます。

スタートの合図の花火が打ちあがると、まず走っていくのは車椅子の選手たち。

ものすごいスピード、まるでミサイルが発射するようなスピードで、
あっという間に目の前から消えていきます。

それがとーってもカッコイイ!!
見事に鍛えられた腕で車輪を回している姿は圧巻でした。

フルマラソンのスタートは招待選手が先頭です。
個人でエントリーした方は、スタート地点へたどり着くまでが大変!

とにかく人人人!!
どこがスタート地点かわからないくらいぞろぞろ歩いて動き出し、
徐々にすいてくるとようやく走れるといった感じです。

各国の国旗を持った人、着ぐるみを着た人、仮装した人、
おそろいの派手なランニングシャツ、パンツ、靴でビシッときめてるカップル。
みんなとても楽しそう!

沿道ではボランティアの人があちこちでランナーのケアをしてくれるそうで、
自宅で用意したお水やフルーツ、おにぎりをランナーへ配ってくれるそうです。

今年は雨で残念なお天気でしたが、雨が上がった後は大きな虹がかかりました。
完走した友人たちは『虹に救われたー』と言っていました。
マラソン完走は相当な達成感があるそうなので、いつかチャレンジしてみたいです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

2017年7月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このブログを書いてる人

OL生活に疲れ、南の島でのんびりしようとハワイへ語学留学するも挫折。

その後、紆余曲折しながらも何とかハワイにたどり着く。

ようやく手に入れたハワイアンライフを満喫中。